魚、干したらだいたいうまいんじゃない?

6月3日(日)

こんばんは!

金曜日に釣ったキスとワカナを一夜干しにしてみました。

キス干物

キス干物2

ここのところ一夜干しにはまっています。

ことの始まりは、4月に「サバゴ」の一夜干しを作って食べ、そのおいしさに干物の可能性を感じ、色んな魚で一夜干しを作って食したいと思ったことです。

作り方も塩水を作ってそれに浸けて、その後干すだけなのでいたって簡単! 

干した後はそのままビニール袋に入れて冷凍保存もでき便利。

食べたい時は凍ったままでも弱火でじっくり焼けばしっかり火も通るので、解凍待ちをしなくてもOK!

生のまま焼くと焼き網にひっついてボロボロになったりする時もあるけど、干物にするとそれもない。 

そんな理由から最近は一夜干しがお気に入りなんです。

で、今回作ったキスとワカナの一夜干しのお味は・・・・・

「うましっ!!」

今回初めて2種類の魚を同時に一夜干しにして食べてみたんですが、どちらもありです。

ただ、どちらの方がおいしかったかと聞かれると、キスの方がおいしかったです。 めったに釣れない分、釣れた時のうれしさはワカナの方があったけど。

実はこの前の釣りでキス釣りは当分いいかなと思っていたけど、一夜干しがおいしかったのでまたちょっと時間が経てば行くかもです(笑)

以上、今日の一夜干しでした!

スポンサーサイト

アメゴのホイル焼き

5月27日(日)

こんばんは!

前回アメゴを釣ってきた直後ぐらいに、「次はホイル焼きを作ってみたい」と、思っていました。

そしたら!? なんとそのタイミングでたろの好きなユーチューバー、「ハイサイ探偵団」がニジマスのホイル焼きの動画を出してきたんです!

「これはもう釣ってきてやるしかない!」

たぶんその動画が出たのが水曜日だったと思うんですが、木金は釣りに行くことができず、時間的に昨日しかなかったので、えんぴつルアーの実釣も兼ねて昨日釣りに行ってきたんです。

釣果の方は昨日のブログで書いた通りなので、早速料理の方を書いていきますが、「ホイル焼き」自体が初めてのこころみだったのでまずネットで作り方を調べました。

色んな人が色んなレシピをのせてくれているんですが、色々ありすぎて逆にどれがいいかわからず、考えた結果なんとなくで作りました! ようは考えるのが面倒くさくなったんです(笑)

食材を無駄にする、「食べれなくなるぐらいの失敗」をしなかったらいいんです。 自分が食べる分には。

料理に限らずなんでもそうですが、それなりの経験、失敗を繰り返して人は成長するんです!

まぁ、たまに失敗ばかりして成長の無い人間がいますけど、それってほとんどの場合が本気で成長する気がないだけだと思います。

遅い早いの差はあっても、本気でやっていればそれなりに成果はついてきます。 方向が合っていればね!

で、ホイル焼きの方ですが、いくつかのレシピで共通していた「ホイルへの焼き付き」の点を気をつけた結果、「野菜で魚をはさむ」と、言うやり方にしてみました!

この「ホイルへの焼き付き」、防止策としてサラダ油をホイルにぬるといった方法が多く見られたんですが、あんまり油を使いたくなかったので野菜ではさむ方法を考えました。

アメゴホイル焼き

玉ねぎとえのきを下にしき、塩コショウで下味を付けたアメゴをのせ、さらに玉ねぎ、えのき、奴ネギ、バターをのせてホイルで包む。

それをフィッシュロースターで20分ぐらい焼いて、
アメゴホイル焼き2

できたのが、
アメゴホイル焼き3

アメゴホイル焼き4

見た目的にただ焼くよりかは「料理」といった感じがします。

味の方もおいしいにはおいしかったです。  ・・・・・ただ、たろの好みではありませんでした。

ホイルの中で蒸し焼きにされている身は、やわらく、ほくほくしていました。

これが好きな人は好きなんだと思いますが、たろは以前ブログで書いたように、ある程度水分が飛んで「ギュッ」っと、身がしまったのが好きなんです。 魚に関しては。

まぁ、よくよく考えたら想像できる結果だったんですが、作る前は「作ってみたい!」の気持ちで頭がやられていたもんで(笑)

ただ、もともと身がしっかりしている魚で作ったらおいしいだろうなということを、今回のことで学べたので、まる!!

今日も楽しい1日でした!

半熟煮たまご作ったついでに?

5月22日(火)

こんばんは!

毎日ゆで卵を2個食べているんですが、たまにふと「半熟煮たまご」を食べたくなる時があり、今回もそれがきたので作ってみました。

半熟煮たまご

この「半熟煮たまご」、たろが読んでいる「ごほうびごはん」と言う漫画の1巻に作り方がのっていて、作り方が簡単だったこともありそれを見てからちょくちょく作っています。

浸けて1日たったのが、
半熟煮たまご2

漬け込む時間でかたさや味の濃さが変わります。

たろは貧乏性なので漬け込んだ麺つゆは捨てずに、最後の1個と共にそうめんで食べるんですが今回はそばがあったのでぶっかけそばに!

ぶっかけそば

ネギなどの薬味がなかったので、玉ねぎスライスとおぼろこんぶを乗せてみました(笑)

大変おいしかったです!

おしまい!

釣ったうなぎでうな丼作ってみた

5月20日(日)

こんばんは!

今日のお昼は贅沢に「うな丼」を作って食べました♪

うなぎは、昨日友達に釣りに連れて行ってもらい、友達が釣ったのをもらったものです(笑)
うなぎ1
上はゴマウナギ(大ウナギ)です。

今までうなぎをさばいたことはなく、動画で見てなんとなく知識はあるぐらいだったんですが、なんとか形にはなりました(笑)
うなぎ2

釣りの帰りに「目打ち」を買うためホームセンターに寄ったんですが、置いてなかったので「たこ焼きピック?」を買って帰り、まな板にドリルで穴をあけて固定!

まな板の長さが足りないこともあってしっぽのところを失敗したけど気にしない!

うなぎ3
2匹ともしっぽが失敗でした(笑)

これをフィッシュロースターで焼いて、
うなぎ4

適当に切ってフライパンでタレとからめながらさらに弱火で焼いて・・・
うなぎ5

炊きたてのごはんの上にのせて完成したのがこちら!!
うな丼

どうです? おいしそうでしょ? 見た目は。

味の方は正直いまいちでした。 残念・・・。

友達いわく、「もっと大きくて脂がのってないとうまくない」とのことでした。

ただ、贅沢な気分は味わえたのでそれだけでオッケー(笑)

何より釣り方、そしてポイントまで教えてもらったことがかなり大きな収穫。

うなぎ釣りをする人は他にも何人か知っていますが、自分がみつけたポイント(穴)を教えてくれる人なんてなかなかいないからね。

いい友達をもってたろは幸せです♪

うなぎのシーズンはこれかららしいので、次は大きいのを自分で釣って食べたいと思います!

アメゴを生干しと塩焼きで食べくらべてみた

5月16日(水)

こんばんは!

この前釣ったアメゴを「生干し」と「塩焼き」にして食べ比べてみました。

ちなみに「生干し」とは一夜干しの日中版みたいなもので、朝干して夕方にはとりこみます。

そもそもなぜアメゴを干したのか?

個人的に焼き魚は炭で焼くのが一番おいしいと思っているんですが、ガスコンロの魚焼きグリルでも弱火でじっくり焼けばそれなりにおいしいです。

ただ、たろの家はガスをひいていないので魚を焼くときはフィッシュロースターを使っているんですが、火力の調節ができないんです・・・。

そこで考えたのは、干物にすることで先に水分を抜いてしまえばいいんじゃないか? と、言うことです。

思い立ったら即実行と言うことで、
アメゴ丸干し

7時間ぐらい干したかな? 干し終えたのが、
アメゴ丸干し1

左2匹が干したアメゴですが、表面の光沢とかでパッと見ても違いはわかると思います。

そしてこれらを焼くと、
アメゴ塩焼き、丸干し
下2匹が干した方です。

実はこの時点で失敗したなと思ったことがあります。

生干しにしたのは小さい方から4匹選んで作ったんですが、これが大きいので作ったらどうなんだろう? 1匹ぐらい大きいので作ればよかった・・・。

まぁ、食べるだんになってそれを言ってもしかたないのでそのことは忘れていざ食べくらべ!

気になる生干しを最初に食べてみる・・・・・・、有りだな。

干したことで水分が抜け、うまみも増している。

次に塩焼き。 焼く前の水分が多い分、ふっくらしっとりはしているけど生干しを食べた後ではうまみが少ない。

結果、生干しにしたのは正解! ただそうなると・・・・・ そう、大きいのでも作ってみたい!

と、言うことで翌日(15日)、残っていた3匹も生干しにして食べてみました!
アメゴ丸干し3
上2匹は前日作った生干し。

程よく水分が抜けた状態から焼くのでふっくらしっとりはしてないですが、「身」も「うまみ」もギュっと濃縮された感じがいいです。

ただ、大きいと言いましたが22cmぐらいなんでそれほど大きくないんですけどね(笑)

最終結論!

今回釣ってきたぐらいのサイズなら干しておいしく食べられる。

しかし、日に5匹を2日続けて食べたのでとうぶんはいいかな・・・。

なんでもそうですが、「もうちょっと食べたい」ぐらいがいいですね(笑)

ACCESS
ONLINE
現在の閲覧者数:
プロフィール

たろ

Author:たろ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ランキング
ランキング参加してます♪ 下のバナーをぽちっと押して応援お願いします!!
にほんブログ村 釣りブログへ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード